戸田市内 ベルク・マルヤ等のスーパーが相次ぎ出店

ベルクの出店する蕨衛材跡(ベルク戸田中町店)
ベルクの出店する蕨衛材跡

埼京線の開通以来、人口の増加傾向が続く戸田市内に食品スーパーのベルク(大里郡寄居町)、マルヤ、総合スーパー(GSM)のジャスコなどスーパーマーケットの開店が相次ぐ。

主な出店予定
マルヤの出店場所は、北戸田駅の南東側から全農通りまでのJR東日本の高架下3,600平方メートルと、両サイドの環境空間3,645平方メートルを活用して、高架下に「オーケー株式会社」をテナントとするスーパーマーケットを設置する予定であったが、「株式会社マルヤ」に変更された。1,157平方メートルの敷地内に鉄骨2階建て、建築面積1,602平方メートル、延べ床面積は2,393平方メートルで、駐車場については、環境空間に65台、高架下に24台、合計89台分を確保する予定、設置者はJR東日本都市開発株式会社。開店は来年2月開店予定、9時~23時まで営業する。

川口市内のベルク中青木店
川口市内のベルク中青木店

ベルクは、蕨衛材跡(戸田市中町1丁目28番地)に出店する予定、近くには「ベルクス戸田店」があり競争が激しくなりそうだ。店舗面積2,388平方メートル、駐車場208台・駐輪場177台、営業時間は9時~24時まで営業。来年3月17日の開店を目指す。また、北戸田駅再開発事業の低層部にも商業施設が入居する予定。近くには今年11月のオープンを目指し大型ショッピングセンター(SC)が建設され、ジャスコが核テナントとなり、専門店も入居する。

*北戸田駅東1街区市街地再開発事業:地区面積が約7,000平方メートル、敷地面積が約4,600平方メートル、地上29階、地下1階で、延べ床面積が約2万7,000平方メートルの再開発事業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です