アイザワ証券蕨支店 蕨駅東口へ移転リニューアル

移転する藍澤證券蕨支店
移転する藍澤證券蕨支店

独立系の中堅証券会社である藍澤證券(本社・東京都中央区)は、アイザワ証券蕨支店(蕨市中央)を2005年3月14日から蕨駅東口(川口市芝新町)に移転する。

蕨支店は、埼玉県南部、西部の顧客の窓口として位置づけられ、さいたま市や川口市からだけでなく、埼玉県の遠方からの顧客の利便性を高めるため現在、店舗のあるJR京浜東北線 蕨駅西口の蕨銀座商店街の中心部から蕨駅東口に移転する。移転後は土曜日も営業を行う。

新店舗は、インターネット取引などを案内するコンプレックス(複合)店となる。証券取引コンプレックス(複合)店は、2000年6月にオープンした町田支店から始まった新しいスタイルの店舗で、従来の対面取引の機能にインターネット、電話・FAX といった複数の取引チャネルの対応ができる店舗となる。店内にインターネットにつながったパソコンと専用の情報端末を設置 、その場でデイトレーディングも可能。また、パソコンの苦手な人には専門のインストラクターがパソコンの使い方等も案内する。

店名 藍澤證券株式会社 蕨支店
店舗所在地 (移転後)埼玉県川口市芝新町5-1

(移転前) 埼玉県蕨市中央3-12-15

電話番号 048-263-7111  3/14(月)より
移転日 2005年3月14日(月)
営業時間< 平日: 8:00~19:00、土日:10:00~15:00

蕨駅東口駅前通り沿いの移転先
蕨駅東口駅前通り沿いの移転先

*株式会社藍澤證券 …独立系証券会社。大正7年7月港屋商店として証券業務の取扱開始。昭和8年10月資本金100万円で(株)藍澤商店設立。関東・静岡・関西中心に35店舗を展開する。 インターネット取引きのできる「ブルートレード(アイザワ証券株式会社の登録商標)」、電話・FAX取引のできる「ブルーコール」、「証券取引コンプレックス(複合)店」などで顧客の利便性を高めている。日本株はもちろん、アジア株、中国株に力を入れている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です