蕨市のオプトエレクトロニクス ジャスダックに新規上場

オプトエレクトロニクス本社
蕨市塚越のオプトエレクトロニクス本社

日本証券業協会は、株式会社オプトエレクトロニクス(蕨市塚越・俵政美社長)のジャスダック市場上場を承認した。同社は、バーコードリーダ(モジュール、ハンディスキャナ、ハンディターミナル等)及びその他周辺機器等の開発・製造・販売を手がけ川口市上青木西に開発及び物流センターを持つ。11月17日に上場予定で、店頭登録銘柄コードは(6664)。主幹事証券会社は新光證券。

株式会社バッファローの概要
オプトエレクトロニクスは1976年、東京浜松町にて設立。バーコードスキャナ及び電子応用機器、コンピュータ周辺機器の開発、製造及び販売。創業時の資本金は140万円。最初のヒット商品「ライトペンMAC-100シリーズ」を誕生させ、1987年には世界で初めて半導体レーザ型スキャナの製品化に成功し、この方式が現在世界のマーケットで95%のシェアを占めるデファクト・スタンダードとなっている。 2004年5月31日現在の売上構成比率はスキャナ53.6%、ターミナル24.1%、モジュールその他22.1%。

会社名 株式会社オプトエレクトロニクス
設立 1976年12月10日
本社所在地 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越5丁目5番3号
代表者 俵政美
資本金 2億5533万円
事業内容 バーコードスキャナ及び電子応用機器、コンピュータ周辺機器の開発、製造及び販売
従業員数 285人名(2002年度中間期)

沿革

昭和51年 12月 東京浜松町に会社設立。資本金140万円。ライトペンMAC-100シリーズを開発し、製造・販売を開始
昭和51年 12月

バーコードスキャナMSHシリーズを開発し、製造・販売を開始

昭和56年 1月 本社を埼玉県川口市に移転
昭和58年 8月 レーザスキャナを開発し、製造・販売を開始
昭和59年 3月 米国ニューヨークに子会社OPTICON INC.を設立。米国内でバーコードスキャナを販売開始
昭和60年 3月 埼玉県蕨市塚越に本社社屋完成、移転
  6月 資本金4,950万円に増資。CCDスキャナTS-1000シリーズを開発し、製造・販売を開始
昭和62年 9月 オランダ・アムステルダムに子会社OPTICON SENSORS EUROPE B.V.を設立。
ヨーロッパを中心にバーコードスキャナの販売を開始
平成2年 2月 OPTICON INC.本社社屋完成(ニューヨーク郊外)
平成5年 4月 製造、開発、販売、修理をそれぞれ分離独立し、(株)オプト(北海道芦別市)、オプトジャパン(株)(埼玉県蕨市)の2社を設立。オプトジャパン(株)大阪営業所開設
平成5年 6月 株式会社テスコと業務資本提携
平成7年 12月 組織機構を再統合し、(株)オプト、オプトジャパン(株)の2社を合併
平成12年 2月 マレーシアにて、レーザ・モジュールの生産を開始
  10月 新型レーザスキャナ OPL-6735がグッドデザイン賞を受賞
平成13年 3月 埼玉県川口市に物流センターを開設
  10月 新型ガンタイプ・レーザスキャナ OPL-7736がグッドデザイン賞を受賞
  12月 株式会社テスコとの業務統合を実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です