ショッピングセンター&シネコン「コクーン新都心」 9月中旬オープン

コクーン新都心
コクーン新都心

ステラタウン(北区)に続く大型ショッピングセンターのコクーン新都心(大宮区)が2004年9月17日にオープンすることが決まった。その後もイオンさいたまショッピングセンター(中央区)の建設が進むなど大型ショッピングセンターの開設が相次ぐことになる。オープン日には、ライブや写真展、 プレゼントキャンペーンなどのオープニングイベントを実施するとともに、来年のNHK大河ドラマにも出演が予定されている人気タレントの上戸彩さんをイメー ジキャラクターに起用し、9月からテレビ・新聞・雑誌・ポスター等で広告を展開する。

片倉工業株式会社 さいたま新都心駅前社有地

繊維・不動産事業など幅広く手がける片倉工業株式会社(東京都中央区・本社、岩本謙三社長)は、7月23日かねてより計画してきた大型ショッピングモールとシネマコンプレックスの複合商業施設「コクーン新都心」を、埼玉県さいたま市のJRさいたま新都心駅東口駅前に9月中旬に開業することを発表した。「コクーン新都心」は、片倉工業株式会社のさいたま新都心駅前社有地(約126,000㎡)の第一段階の街づくりとなる。また、24金融機関とカタクラ新都心モール建設資金56億円の借り入れに合意し、隣接地の第2期開発に順次着手することになっている。

「コクーン新都心」の商業棟は、敷地面積約23,500㎡、地上2階建(一部3階建)で営業面積23,000㎡です。 ショッピングモールは、大型書店、高質スーパーマーケット、ヤングからファミリーファッション、生活雑貨、レストラン等を中心とした、生活にワンランク上の上質な娯楽をもたらす〝エンターテインメント型ショッピングセンター〟をテーマとしている。また、施設内には埼玉県内では最大級のシネマコンプレックス〝MOVIXさいたま〟が出店することも決まっている。 営業時間は物販店は朝10時から夜9時、飲食店は朝11時から夜11時、シネマコンプレックスは朝9時30分から上映時間終了までを予定する。 隣接する専用駐車場棟は敷地面積約9,300㎡、3階建で約1,000台を収容し、また近隣の駐車場を含めると約2,300台が収容可能となる。 商圏としては5km圏内を中心とし、さらに鉄道で約30分圏内の埼玉県北部を含めた広域からのお客様を想定し、来店目標を年間10,000,000人、年間テナント売上は初年度160億円を計画する。

「コクーン新都心(cocoon新都心)」の概要

コクーン新都心内のMOVIXさいたま
コクーン新都心内のMOVIXさいたま

店舗概要 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目267-2
開業日 2004年9月中旬
施設概要 ◆商業棟鉄骨造2階建、鉄骨造3階建営業面積約23,000㎡
◆ 駐車場棟鉄骨造3階建収容台数約1,000台
※他近隣駐車場に1,300台収容可能
アクセス ◆電車をご利用の場合
・JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線「さいたま新都心駅」下車東口すぐ
・JR埼京線「北与野駅」下車徒歩8分
◆車をご利用の場合
・国道17号からお越しの場合 東西大通りを新都心地下道経由で直進
・産業道路からお越しの場合 東西大通り(側道)を通り、旧中山道を右折。ほこすぎ橋のT字路を曲がり 次の信号を右折。
・旧中山道からお越しの場合 ほこすぎ橋のT字路を曲がり、次の信号を右折。
テナント数 約120店舗
売上予想 160億円(初年度)
商圏予想 5km圏内に鉄道で約30分圏内の埼玉県北部を加えた約200万人
来店予想 平日25,000人/ 日
土・日・祝日40,000人/日
年間来店者数10,000,000人
営業時間 物販店舗10時~21時
飲食店舗11時~23時
シネマコンプレックス9時30分~上映終了時間まで
原則年中無休

「コクーン新都心」~名前の由来~

繭をイメージさせる白を基調とするコクーン新都心
繭をイメージさせる白を基調とするコクーン新都心

「コクーン新都心」を管理・運営する片倉工業株式会社は、製糸業として明治6年に長野県諏訪郡(現岡谷市)で創業。世界最大の生糸メーカーとして、<カタクラシルク>の名を国内外に広めた。 「コクーン(cocoon)」は英語で〝繭(まゆ)〟を意味し、片倉工業株式会社の創業事業である製糸業のシンボルであることから名付けられた。また、施設の外観は繭をイメージさせる白を基調としている。

*片倉工業株式会社:明治11年6月垣外製糸場創業。28年片倉組に改称。大正9年3月片倉製糸紡績(株)設立。以後尾沢組ほか14社を合併。昭和18年11月商号を片倉工業(株)に変更する。

  • 繊維事業(衣料品・繊維製品の製造販売、ブランドライセンス業)
  • 非繊維の製造事業(自動車部品等の受託加工、石油製品等の輸出入販売,農業用機械等・医薬品・消防ポンプ車等の製造販売)
  • サービス事業(ショッピングセンター・ホームセンター等の事業、ビル管理サービス業)
コクーン新都心イメージ
コクーン新都心イメージ

コクーン新都心のテナント構成

「コクーン新都心」施設内には埼玉県初出店約50店舗(さいたま市内初出店が約70店)をはじめ約120店のテナントが出店する。構成は物販店舗・飲食店舗、映画館(シネマコンプレックス)からなり、カテゴリーにそって施設内を7つのゾーンに分けて展開している。

1階:充実したデイリーマーケットと大型カルチャーゾーンのライフスタイル提案型モール (1) フードバラエティ 高質な食品スーパー&食料品専門店とフードコートのゾーン。高質スーパー 「ライフ+食品専門店グルメアリーナ」を中心にチョコレートショップ「ゴディバ」、紅茶・世界のお茶の専門店「レピシエ」、大人も楽しめるフードコート「フードバザー」などが出店する。 (2) キッズ&ファミリー ファッションや雑貨の充実に加え、サービスまで幅広く、キッズ、ファミリーのアイテムが揃うゾーン。「セガアミューズメント」が展開するNHK教育テレビで人気の〝忍たま乱太郎〟をテーマとした屋内遊戯施設をはじめ、「ヒステリックミニ」「ナイキベビー/トドラー」「ナチュラルブー」「バナナチップス」「ロニィ」といった今話題のショップが出店する。 (3) ライフクリエイト 大型書店「紀伊國屋書店」や埼玉県初出店となるインテリア雑貨ショップ「フランフラン」、また「212キッチンストア」「パスポート」「ビーカンパニー」を中心としたエンターテインメント・ライフスタイルアイテムを編集したゾーン。

2階:上質で洗練されたスタイル、心地よい時間と空間を提案するファッション、レストラン、シネマのエンターテインメントモール (4) ファッションスタイルクリエイト(ウエスト) 20代~30代の、OL、カップルをターゲットとした時代感溢れる都市型ファッションゾーン。今年デビューしたレディスファッションブランド「インタープラネットウイング」「ディーピースクエア」「クリアインプレッション」、レディス&メンズのライフスタイルを提案する「コフィコレクトナチュラルビューティーベーシック」、スタイリッシュカジュアルファッションで人気の「ギャップ/ギャップキッズ」などを中心に「ザ・キッス」「オルビス・ザ・ショップ」「ローズマリー」等の服飾雑貨、コスメのショップが出店する。(5) ファッションスタイルクリエイト(イースト) 自分らしさにこだわりがあるキャリアと新世代ミセスのためのライフスタイルゾーンです。大人のスタイルをトータル提案する「ブティック・ニコル」「シーオジャール」といったファッションを中心として、ストレッチパンツで人気の「ビースリー」やイトキンがあらたに提案する大きいサイズの編集ショップ「エウルキューブ」等の個性的なアイテムや、「アカクラ」「ジュエリーブティックジュリィ」等の服飾雑貨ショップ、ヘアサロン等が出店する。 (6) レストランアベニュー オープンモールならではの開放感溢れる上質な飲食ゾーン。梅丘寿司の美登利総本店が運営する回転寿司「回し寿司活」、イタリアンの「トゥ・ザ・ハーブズ」、自然食ブッフェの「自然式食堂餉餉(けけ)」、などバラエティ豊かな飲食店12店が出店する。 (7) シネマコンプレックス〝MOVIXさいたま〟 埼玉県内では最大規模となる、12スクリーン・約2,700席のシネマコンプレックス。松竹マルチプレックスシアターズが運営する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です