川口の商業地底打ちか!?地価下げ止まり 公示地価

沿線別主要駅周辺の地価(2005年公示地価)
沿線別主要駅周辺の地価(2005年公示地価)

国土交通省が3月23日17時に発表した2005年1月1日時点の公示地価は、地価の下げ止まりが地方都市に波及するなど下げ止まり傾向が鮮明となった。全国では住宅地(前年比▲4.6%)、商業地(前年比▲5.6%)ともに下落したものの、下落幅は縮小している。埼玉県内ではつくばエクスプレス(TX)が8月に開業する八潮、三郷で上昇地点が現れた。横ばい地点も広がりが見られ人口流入が進む県南部や東武東上線沿線の川越、朝霞などで横ばい地点がみられ、都心回帰の好影響を受けている東京近郊地域での下げ止まりが鮮明となっている。一方、交通の不便な地域では前年比10%を超える下落が続いている。県内全体では住宅地(前年比▲3.5%)、商業地(前年比▲4.3%)となり、前年に比べて下げ幅が縮小した。川口市内では、住宅地(前年比▲1.5%)、商業地(前年比▲0.6%)となり、下げ幅が縮小。準工業地は(前年比▲0.8)となった。川口駅周辺が鋳物産業の集積地として栄えたことから商業地域を準工業地域が覆う形となっており、住宅地の平均価格より準工業地の平均価格が上回っている。商業地の最高地点は川口駅東口のミツワビルで、1平方メートル当たり1,290万円(前年比0.0%)となり、横ばいを示した。そのほか商業地で、横ばい地点が5地点現れ底打ち傾向を鮮明にした。市内は引き続きマンション建設による人口流入や再開発事業がすすむことから、今後も下げ止まり傾向が続くものと思われる。

埼玉県南部の用途別平均価格(カッコ内は変動率%) ▲はマイナス(単位:円)

住宅 商業 準工業 工業 全用途
川口市 177,000
(▲1.5)
490,900
(▲0.6)
220,600
(▲0.8)
143,800
(▲2.4)
219,800
(▲1.3)
戸田市 208,600
(▲1.7)
276,500
(▲2.1)
179,500
(▲2.7)
207,000
(▲1.9)
蕨市 227,000
(▲1.2)
286,700
(▲2.1)
241,900
(▲1.4)
鳩ヶ谷市 161,800
(▲1.7)
204,000
(▲2.8)
170,200
(▲2.0)
草加市 141,500
(▲4.7)
283,800
(▲5.0)
115,500
(▲5.8)
97,800
(▲7.1)
153,100
(▲5.0)
さいたま市 187,500
(▲1.8)
493,800
(▲3.4)
164,900
(▲2.7)
63,700
(▲7.0)
247,600
(▲2.3)


埼玉県内商業地の最高地点 (単位:千円)

1 さいたま市 大宮区桜木町1丁目8番1 (代々木ゼミナール大宮校)
1,870(▲3.1)←〔2004年〕1,930(▲6.8)
2 川口市 栄町3-5-1(ミツワビル)
1,290(0.0)←〔2004年〕1,290(▲0.8)
3 川越市 脇田町5番2外(ゴールドギャラリー坂本屋)
999(▲0.1)←〔2004年〕1,000(▲1.0)
4 所沢市 日吉町2-2(バンダレコード)
925(▲1.7)←〔2004年〕941(▲3.3)
5 新座市 東北2-36-24(東京三菱銀行新座志木支店)
584(▲0.2)←〔2004年〕585(▲1.3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です