川口市内の最高路線価 川口そごう前の駅前産業道路

路線価横ばいとなった川口駅東口(そごう川口店)
路線価横ばいとなった川口駅東口

国税庁は2日、2004年分の相続税や贈与税の算定基準となる路線価(1月1日現在)を全国の国税局、税務署で公表した。川口市内の路線価の最高地点は、13年ぶりに地価下落が県内で唯一止まった「川口そごう前の産業道路」が前年比横ばいの106万円、同じく横ばいとなった川口駅東口ロータリー84万円と続いた。埼玉県内の平均路線価は一平方メートルあたり11万円で前年より5.2%下がり、1993年以降12年連続の下落となった。

埼玉県内で路線価が最も高かった大宮駅西口
埼玉県内で路線価が最も高かった大宮駅西口
順位 昨年 最高路線価の地点 路線価(万円) 前年比(%)
1 1 さいたま市大宮区桜木町2丁目(大宮駅西口)
190
-6.4
2 2 さいたま市浦和区高砂1丁目(浦和駅西口)
115
-5.7
3 3 川口市栄町3丁目(川口そごう前の産業道路)
106
0
4 4 川越市脇田町(川越駅東口)
84
-1.2
4 5 川口市川口1丁目(川口駅東口)
84
0
6 6 所沢市日吉町
78
-2.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です