歴史香る本一商店街に「蔵」を利用したギャラリー開設

蔵浜田旧日光御成街道として賑わいをみせた旧川口宿の本一商店街に蔵を利用したギャラリー『蔵・浜田』が開設され、2004年5月29日(土)から6月13日(日)までの午前11時~午後4時まで草間弥生<YAYOI KUSAMA>1950~1980年代作品の企画展が開催されている。企画展が終わると常設展示を行い、アジアの染織布(600点)、東北の伝統こけし(3,000本)、絵画などを展示する。

ギャラリー「蔵・浜田」
ギャラリー「蔵・浜田」

ギャラリー開設したのは、浜田邸(川口市本町1-11-24・浜田接骨院)で大正時代に建てられた母屋は最近、手直しが行われ、土蔵造りの蔵がギャラリーとなった。

川口宿御成市
第4回川口宿御成市

ギャラリーを開設した浜田さんは「まちのこし集団 かわぐち塾」代表をつとめ、まちのこし集団 かわぐち塾・主催で5月23日には第4回川口宿御成市が川口神社で行わた。赤井子どもクラブによる和太鼓、沖縄島歌などのステージのほか、川口ベーゴマクラブによるベーゴマ教室などが催された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です