フラワーケースに旧丸ビルの古材利用 西川口駅前

西川口駅東口駅前通りのフラワーケース
西川口駅東口駅前通りのフラワーケース

西川口東口商店振興会が西川口駅前通り沿いに設置したフラワーケースは、旧丸ビルの基礎部分の松杭工事に利用された米国産の松(長さ14メートル、直径30cm)で、丸ビルの新築工事に伴い歴史的建造物でもあった旧丸ビルは取り壊され、その一部を管理会社である三菱地所より譲り受けフラワーケースとして再利用した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です