埼玉バイオプロジェクト始動へ SKIPシティ

SKIPシティ
SKIPシティ

ソフトバンク・インベストメントの子会社バイオビジョン・キャピタル株式会社(東京都港区、代表取締役:北尾吉孝)は、埼玉県川口市のさいたま新産業拠点『SKIPシティ』において推進される産官学の地域結集型共同研究事業「埼玉バイオプロジェクト」に参加することに運営主体の財団法人埼玉県中小企業振興公社と合意したと発表した。バイオビジョンは同プロジェクトの研究成果の事業化を目指すと共に、県内外の研究機関との共同研究を広く推進する予定で、同プロジェクトにおける研究施設を共同研究のハブとして活用し、ベンチャー・キャピタルが、自社が使用するラボを拠点に研究シーズのインキュベーションを行うという、新たなビジネスモデルの確立を目指す。
このプロジェクトは、埼玉県が川口市に整備しているさいたま新産業拠点「SKIPシティ」にバイオ技術を研究する産学官連携拠点を設置する構想をまとめ、科学技術振興事業団(川口市)に承認され事業への資金助成も受ける。埼玉大学や理化学研究所など8大学・研究機関、大正製薬など5企業が参加し、何億年もかかって行われてきた分子進化の過程を実験室で超高速で引き起こし、今までにない有用な性質を持った核酸やタンパク質を人工的に生成する研究を行うことになっており、がんやアルツハイマーの治療薬、環境問題を解決する微生物製剤の開発にもつながる基礎技術として期待されている。このプロジェクトにより映像産業拠点として注目されるSKIPシティは、新たに県内初のバイオ拠点としての機能も担うことになる。

(1)高速分子進化のための基盤技術
東洋大学(大学)
埼玉大学(大学)
埼玉県工業技術センター(研究機関)
産業技術総合研究所・生命情報科学研究センター(研究機関)
ライフテック(企業)
ジェンコム(起業)
(2)相同組み換えによる高速ゲノム進化法の開発
理化学研究所(研究機関)
埼玉医科大学(大学)
埼玉大学(大学)
(3)生理的・病理的に重要なたんぱく質・ペプチドの解析・創出
埼玉県立がんセンター(研究機関)
埼玉大学(大学)
大正製薬(企業)
NTTアドバンステクノロジ(企業)
(4)環境耐性などのある微生物・植物の分子育種
埼玉県農林総合研究センター(研究機関)
埼玉大学(大学)
東洋大学(大学)
タイテック(企業)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です