大宮ロフト跡、複合商業施設「大宮ラクーン」6月27日オープン

複合商業施設「大宮RAKUUN(ラクーン)」
複合商業施設「大宮RAKUUN(ラクーン)」

不動産の賃貸管理や複合商業施設の運営・管理を行う株式会社浜友商事(本社:浜松市)は、2013年4月24日に閉館した大宮ロフトの後継施設として、複合商業施設「大宮RAKUUN(ラクーン)」を2014年6月27日にオープンする。

新たにオープンする大宮RAKUUN(ラクーン)には、日用品からブランド品まで幅広い品揃えの総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」や、本・CD・DVD・ゲームソフトだけでなく、洋服、服飾雑貨等を取扱う総合リユースの業態「BOOKOFF PLUS(ブックオフプラス)」、様々なジャンルの商品を豊富に取り揃えるバラエティショップ「ザ・ダイソー」など利便性の高い店舗が出店する。

また、浜友グループと株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーが共同で運営する「大宮ラクーンよしもと劇場」では、よしもと所属の芸人・タレントによるネタライブ、トークライブを行う。オープンは2014年7月7日。チケット販売は、2014年6月6日から販売を開始する。

大宮ラクーンの概要

名称 大宮RAKUUN(ラクーン)
事業者 株式会社浜友商事
所在地 さいたま市大宮区宮町1-60
敷地面積 30,830.80平方メートル
階数 地上8階、地下2階
店舗数 24店舗
開店日 2014年6月27日
※ブックオフ(6月26日)、大宮ラクーンよしもと劇場(7月7日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です