エキュート赤羽 3月26日にⅠ期開業

赤羽駅のリニューアル後のイメージ
赤羽駅のリニューアル後のイメージ

ジェイアール東日本都市開発(本社:東京都渋谷区)は、JR東日本グループが推進する21世紀の新しい駅づくり「ステーションルネッサンス」の一環として、リニューアルを進める赤羽駅にエキナカ施設「エキュート赤羽(ecute 赤羽)」を2011年3月26日(土)に開業する。今回オープンするⅠ期開業では、雑貨や書籍などの9ショップがオープンする。2011年夏には駅のリニューアルとともに全面開業を予定し、旧アルカード赤羽1を含む約2,000平方メートルにフランスの小道をイメージしたような路地を表現した空間が整備され、スウィーツ・惣菜・ベーカリー・カフェ・雑貨などの約60の専門店が揃う。

リニューアル工事が進む赤羽駅
リニューアル工事が進む赤羽駅

赤羽駅リニューアル計画は、2期工事に分けて進められ、朝夕を中心にした乗り換え客での混雑を改善するため北改札口内に新たな乗り換えコンコースを整備し、全てのホームに新たにエスカレーターを設置することで、利便性が向上した、きれいでわかりやすい駅に生まれ変わる。また、乗り換えコンコースの整備に合わせ店舗をリニューアルし、エキナカ施設「エキュート赤羽」を開業する。

赤羽駅リニューアル計画の概要

所在地 東京都北区赤羽1-1-1 JR東日本赤羽駅 北改札口内
リニューアル対象面積 約5,600平方メートル
工事内容 ・コンコースリニューアル
・エスカレーター設置(各ホーム上下2基、計8基)
・エキナカ店舗リニューアル
スケジュール Ⅰ期工事完了(2011年3月26日)
・コンコースリニューアル一部完了
・「エキュート赤羽」一部先行開業
Ⅱ期工事完了(2011年夏)
・乗り換えコンコース整備完了
・エスカレーター設置完了
・「エキュート赤羽」全面開業

エキュート赤羽の概要

名称 エキュート赤羽(ecute 赤羽)
所在地 東京都北区赤羽1-1-1 JR東日本赤羽駅 北改札口内
店舗面積 約2,000平方メートル
店舗数 約60店
業種 スウィーツ、惣菜、雑貨、飲食など(Ⅰ期開業テナント)
想定年商 約60億円
商圏人口 約42万人(半径3km圏内)

*赤羽駅:1985年(明治18年)3月1日に日本鉄道品川線として開業。 埼京線・高崎線・宇都宮線・京浜東北線・湘南新宿ラインが乗り入れ、1日に約17万6千人の乗降客数を数える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です