タグ別アーカイブ: 埼玉高速鉄道

埼玉高速鉄道 浦和美園駅

埼玉高速鉄道が遺失物管理システムをリニューアル

埼玉高速鉄道 浦和美園駅
お忘れ物センターのある浦和美園駅

埼玉高速鉄道株式会社(埼玉県さいたま市)は、遺失物の検索にかかる時間の大幅な短縮や、落し物が拾得された駅以外の駅で遺失物の引き渡しが可能になる遺失物管理システムを2012年6月1日からリニューアルする。 続きを読む

SR埼玉高速鉄道

「ダイナミックパーク&ライド」社会実験でモニター募集

SR埼玉高速鉄道
ダイナミックパーク&ライドの実験を行う埼玉高速鉄道

首都圏における著しい交通渋滞の緩和、公共交通の利用促進、環境負荷の軽減を目的に、広域的な範囲を対象としたパーク&ライド手法の導入の可能性等について検討を行っている首都圏パーク&ライド検討委員会は、駅やバス停の近くに車を駐車し、鉄道やバスに乗り換える「パーク&ライド」の社会実験を埼玉高速鉄道沿線の浦和美園駅・戸塚安行駅・鳩ヶ谷駅・川口元郷駅と複数の商業施設等の平日空き駐車スペースを活用して行う。 続きを読む

SR埼玉高速鉄道

埼玉高速鉄道、春の七花フェスタを開催

SR埼玉高速鉄道
浦和美園駅ホームからの埼玉高速鉄道の列車

2001年3月28日に開業した第三セクター地下鉄の埼玉高速鉄道は、開業5周年の節目に、埼玉県と沿線3市(川口市、さいたま市、鳩ヶ谷市)が中心となって組織した「SR春の七花フェスタ実行委員会(会長:岡村幸四郎・川口市長)」が3月から5月にかけて「SR春の七花フェスタ」を開催する。 続きを読む

埼玉高速鉄道 東川口駅構内のコーヒーショップ

埼玉高速鉄道 東川口駅構内にコーヒーショップがオープン

埼玉高速鉄道 東川口駅構内のコーヒーショップ
SR埼玉高速鉄道 東川口駅構内のコーヒーショップ

第三セクター地下鉄の埼玉高速鉄道(代表取締役社長:杉野正)の東川口駅構内にコーヒーショップが6月3日オープンした。東川口駅はJR線との唯一の乗換駅で、乗降客数も最大で約15,000人を誇り、平成15年3月に閉鎖した旧定期券売場跡(東川口駅及び鳩ヶ谷駅構内)の活用が検討されてきた。東川口駅にオープンしたコーヒーショップは、駅利用者の利便性向上と賃貸収入による経営貢献を目的とし、店舗誘致による駅活性化の第一弾となる。 続きを読む

彩ネット株式会社・本社

埼玉高速鉄道で車内広告開始へ 彩ネットと提携

彩ネット株式会社・本社
川口市並木の彩ネット・本社

埼玉高速鉄道株式会社(以下SR、杉野正・社長)は、川口市並木に本社を置くインターネットプロバイダーの彩ネット株式会社(井上太郎・取締役)と提携し、車内広告を始める。本年中の事業開始に向けて準備を進めるている。 続きを読む

SR埼玉高速鉄道

埼玉高速鉄道 横浜・中華街へ直通臨時列車を運行

SR埼玉高速鉄道
浦和美園駅ホームからの埼玉高速鉄道の列車

埼玉高速鉄道株式会社は、2004年12月25日(土)に横浜高速みなとみらい線元町・中華街駅まで「みなとみらい号」の臨時列車を運転することを発表した。浦和美園駅-元町・中華街駅を約1時間45分で結ぶ。<行き>の電車は浦和美園駅を9:07分に出発し、川口市内では東川口駅(9:10)~戸塚安行駅(9:13)~新井宿駅(9:16)~川口元郷駅(9:23)に停車し、10:52分に元町・中華街駅に到着する。<帰り>の電車は、横浜中華街駅を16:24分に出発し、終点の浦和美園駅に18:18分に到着する。運賃は、東川口駅を利用した場合、大人1,150円(子ども580円)がかかる。 続きを読む