北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業 着工

北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業
北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業

戸田市の拠点駅のひとつ北戸田駅東口で再開発事業にともなう工事が進んでいる。工期は2011年5月から2013年8月を予定し、開発区域面積4,000m2の敷地に、地下1階、地上30階の商業施設と住宅などで構成する高層タワーマンションが完成する。

北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業は、駅前にふさわしい調和とにぎわいのある市街地整備を目指すため、北戸田駅東口駅前の街区約0.6ヘクタールに総事業費 約84億8,000万円を投じて、1階・2階を店舗、3階から30階までマンション(220戸)を整備する。

建物取り壊し前の再開発事業予定地(2006年)
建物取り壊し前の再開発事業予定地(2006年)

この再開発事業は、地権者8名(現在は、5名の組合員で構成)による再開発準備組合が2001年5月に結成され、2005年9月に都市計画事業の認可を得たことから、当初2006年度に着工、2008年度の完成を目指し、事業を進めてきた。4年間の事業停滞や計画の一部変更も見られたが、再来年の完成を目指し、着工したことで、北戸田駅前のまちづくりが進むことになる。

北戸田駅周辺では、 面積91.2ヘクタールを対象に新曽第一土地区画整理事業も進められ、健康づくりと遊びやイベントのできる「新曽第一地区第2公園整備」や、笹目川左岸のプロムナードなどの都市基盤の整備が行われている。進捗率も5割を超え、再開発事業とあわせ早期の完了が待たれている。

北戸田駅東1街区第一種市街地再開発事業の概要

開発区域 埼玉県戸田市大字2219-3他
用途 共同住宅・店舗・事務所・駐車場
敷地面積 約4,000m2
建築面積 約2,700m2
延べ床面積 約29,900m2
構造 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造り
階数(戸数) 地上30階/地下1階 (220戸)
高さ 99メートル
工事予定期間 2011年5月10日~2013年8月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です