サッポロビール埼玉工場閉鎖へ

サッポロビール埼玉工場
サッポロビール埼玉工場

サッポロビール(渋谷区恵比寿)は、平成15年最盛期をもって埼玉工場のビール・発泡酒製造を停止し、主に関東地域の生産を千葉工場と静岡工場に集中することを発表した。同社のビール市場におけるマーケットシェアの低下傾向、発泡酒の値下げ競争による利益の圧迫など抜本的対策による生産効率の向上が求められていた。工場閉鎖に踏み切る埼玉工場(川口市並木元町)は、大正12年(1923)当時の横曽根村字並木に日本麦酒鉱泉株式会社東京工場として建設され、主に樽生ビールを生産していた。今回の決定で工場は閉鎖するがスポーツ施設のサッポロスポーツプラザパル川口、川口ビール園は引続き、現行通り営業を継続する。