イオンレイクタウン 元日から福袋1,200種・総数70,000個を販売

イオンレイクタウン<KAZE>
イオンレイクタウン

2008年10月2日にオープンした「イオンレイクタウン」は、国内最大規模となる総数 70,000個の福袋を、元日午前9時より販売する。イオンリテールが運営する<MORI>で、900種・50,000個とイオンモールが運営する<KAZE>で、300種・20,000個の福袋を用意。全320店舗で実施する新春福袋は合計1,200種・70,000個となる。価格は400円から1,000万円まで。最高額一千万円の福袋は、ジュエリー販売の「セリエルーチェ」が販売する。

また、合計1万円以上の福袋を買い物客を対象に、イオンレイクタウンの館内 アテンダントが使用しているセグウェイの「初乗り体験」や、レイクタウンの湖で「アクセスディンギー(二人乗り小型ヨット)体験」、「ウォールクライミングの初登り体験」といった個性的なエコ乗物体験などを抽選で合計200名にプレゼントをする。

2009年イオンレイクタウン・新春福袋の概要

名称 「イオンレイクタウン・新春福袋」
日時 2009年1月1日(祝) 9:00~
販売価格 400円~1,000万円(税込、価格は各店舗による)
発売個数 70,000個
「KAZE」 20,000個 (内ビブレ3,000個)
「MORI」 50,000 (内ジャスコ15,000個)
発売種類 1,200種
「KAZE」 300種
「MORI」 900種
実施店舗 320店舗
「KAZE」 120種
「MORI」 200種
特典 合計1万円以上の福袋を買い物客を対象
(1)セグウェイの「初乗り体験」 ・・・ 85名
(2)「アクセスディンギー体験」 ・・・ 100名(50組)
(3)ウォールクライミング「初登り体験」 ・・・ 15名
※抽選は元旦のみ、体験実施は後日設定。

*イオンレイクタウン:2008年10月2日オープン。商業施設面積約22万m2の国内最大級のショッピングセンター。「シゼンに心地いい、ワタシに心地いい」をコンセプトに、565の多彩な専門店やサービス施設からなる。イオンの”エコストア”として、ソーラーパネルによる太陽光発電や省エネルギー器具、再生材の利用など、環境に配慮したSCづくりを行う。オープン以来 1,000万人(2008年9月26日~11月20日の間)が来店し、好調に推移している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です