前澤化成工業戸田工場跡 温浴施設へ

取り壊される前の前澤化成工業 戸田工場(七福の湯)
取り壊される前の前澤化成工業 戸田工場

上下水道、環境機器を製造する前澤化成工業株式会社は、2005年8月に閉鎖した戸田市喜沢南の戸田工場跡を第三者へ賃貸を行い、温浴施設(スーパー銭湯)としての利用を予定している。

2006年12月11日開催の取締役会で、旧戸田工場(埼玉県戸田市)跡地の利用について第三者へ賃貸する方針を決定し、2007年4月24日付けでオリックス株式会社(賃借人/事業用借地契約先)、株式会社本久(転借人/建物賃貸借契約先)、大和ハウス工業株式会社(施工・企画)と賃貸借に関して基本合意した。

戸田工場跡は、レジャー事業部で「七福の湯」を運営する株式会社本久により、温浴施設が開設される予定で、2007年5月初旬からボーリング調査を行った後、2007年8月頃から本格工事に取りかかり、2008年4月頃に営業開始を見込む。

戸田工場は、1954年に埼玉県北足立郡戸田町 (現 戸田市) に戸田工場が開設され、2005年8月31日に妻沼第一工場(現 熊谷第一工場)と妻沼第二工場(現 熊谷第二工場)へ移転・統合のため、戸田工場は閉鎖された。

また、前澤化成工業 旧戸田工場跡周辺では、緑川を挟んだ川口市側の川口金属工業株式会社 川口本社工場(川口市宮町)の一部で三井不動産による大型商業施設「(仮称)ララガーデン川口」が計画されるなど工場跡地の開発が相次いでいる。

前澤化成工業 旧戸田工場跡地の概要

所在地
埼玉県戸田市喜沢南1-4-56
面積
7,045.53m2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です