「ダイナミックパーク&ライド」社会実験でモニター募集

SR埼玉高速鉄道
ダイナミックパーク&ライドの実験を行う埼玉高速鉄道

首都圏における著しい交通渋滞の緩和、公共交通の利用促進、環境負荷の軽減を目的に、広域的な範囲を対象としたパーク&ライド手法の導入の可能性等について検討を行っている首都圏パーク&ライド検討委員会は、駅やバス停の近くに車を駐車し、鉄道やバスに乗り換える「パーク&ライド」の社会実験を埼玉高速鉄道沿線の浦和美園駅・戸塚安行駅・鳩ヶ谷駅・川口元郷駅と複数の商業施設等の平日空き駐車スペースを活用して行う。日本初となるこの実験では、国道4号線・国道122号線の都心へ向かう交通がどのように変化するかを分析し、将来のパーク&ライドの適用性などの検討を行い、自動車から公共機関への転換による有効性を検証し、将来の首都圏の交通渋滞の緩和・解消を目指す。

実験にあたっては、2006年8月29日~11月20日までモニター登録の募集をホームーページ及び郵送で受け付け、「ダイナミックパーク&ライド」社会実験のモニター登録者は、カーナビなどに混雑状況やパーク&ライド駐車場の満空情報、鉄道運行情報等の提供を受けて、ドライバーが、道路の渋滞状況に応じてパーク&ライドを行うかどうかを選択できる。さらに、パーク&ライド駐車場を同一路線の複数鉄道駅に連担して配置されていることから、渋滞の末尾に応じてパーク&ライド駐車場を使い分けることが可能となっている。

「ダイナミックパーク&ライド」実験の概要

実験場所 埼玉高速鉄道沿線(浦和美園・戸塚安行・鳩ヶ谷・川口元郷駅)
実験期間 2006年9月19日~2006年11月30日
利用時間 入庫受付 6:00~17:00 (出庫は当日23:00まで)
特典 ・4ヵ所の駅近くの専用駐車場の無料で利用可能
・モニターには、初夏及び5回目利用時に1,000円分のパスネットの進呈(なくなり次第終了)
利用条件 ・専用駐車場の利用
・埼玉高速鉄道に乗車し、赤羽岩淵駅以南の往復
・乗車記録の提示
・アンケートへの協力
モニター募集期間 2006年8月29日~2006年11月20日
モニター登録方法 ホームページ及び郵送で受付
主催 首都圏パーク&ライド検討委員会
協賛 埼玉高速鉄道(株)、イオン浦和美園ショッピングセンター、(株)与野フードセンター、川口・鳩ヶ谷住宅公園、マスキンデベロップメント(株)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です