東武ストア川口元郷店、閉鎖へ

食品スーパーの東武ストア(東京都板橋区)は、埼玉県内の不採算店舗4店舗を平成15年2月28日に閉鎖すると1月29日付で発表した。今回の不採算店舗の閉鎖により同社の県内店舗数は28店舗になる。来期も3店を閉める計画。
東武ストア川口元郷店は98年8月に開店、エルザタワー内の「ライオンズスクエアビル」に出店したが、赤字が続いていた。武蔵浦和店は埼京線の武蔵浦和駅東口駅前再開発事業の一環として都市基盤整備公団が開発したライブタワー武蔵浦和の商業施設部分に、01年3月に開店したが今回の発表により、閉鎖される。
また同時に同社は、丸紅及び、丸紅が大株主である食品スーパーのマルエツと資本、業務提携を発表、 丸紅及びマルエツの東武ストアに対する人材派遣、社員教育、商品供給などの業務提携を行うことで合意した。

閉鎖店舗 店舗面積 売上高 売上総利益 営業利益 閉鎖日
川口元郷店 2,997 928 207 ▲142 2月28日
武蔵浦和店 1,087 1,233 267 ▲194 2月28日
岩槻店 2,493 975 229 ▲108 2月28日
幸手店 3,635 1,223 336 ▲21 2月28日

*売上高及び営業利益(単位:百万円)は平成14年2月期実績

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です