大型ショッピングセンター、さいたま市内へ出店ラッシュ

総合スーパー大手2社のイトーヨーカ堂とイオンがさいたま市内に相次いで出店する。富士重工業の旧大宮製作所跡地の再開発事業として敷地面積5万174平方メートルの敷地に来春、県内最大規模となる大手スーパーのイトーヨーカ堂を核店舗に、レストランや娯楽施設などが入居する専門店街(80-100店入居)を整備する。また、北部拠点地区二指定されているこの地区は、都市基盤整備公団の賃貸住宅や民間分譲マンションが計画されているほか、2003年にさいたま市が政令指定都市に移行した場合、区役所が設置される予定。

一方、イオングループは、2003年5月に閉鎖予定の日本ピストンリングの与野工場跡地7万3300平方メートルに、2004年10月売り場面積で県内2位のショッピングセンターが誕生する。地上5階地下1階の店舗には、1階に24時間営業の食品を中心とした売り場を設ける。 店舗の総売り場面積は4万5118平方メートルには、ジャスコ本体が約1万5千平方メートル、残りにテナントが100店前後出店する。日ピスの跡地は首都高速とつながる新大宮バイパス与野出口付近に位置し、JRさいたま新都心駅にも近い。現在、県内最大の商業施設は、川口市にあるイオンが核テナントのダイヤモンドシティキャラ(売り場面積5万2975平方メートル)。また、工場跡地には日商岩井と日商岩井不動産が、約1万8000平方メートルにマンション「ソフィアさいたま新都心」の建設が進んでいる。

JRさいたま新都心駅東側に隣接している社有地12.66ヘクタールのうち、第一期開発分の地域約3.28ヘクタールに整備する商業施設「さいたま新都心カタクラショッピングモール」は、2004年春に開業する予定。店舗面積は2万平方メートル。こちらも専門店など100店舗が入居する。集客の中核施設となるシネマコンプレックス(複合映画館)は12スクリーンを備え、計2,700人を収容できる規模となる。第二期開発区域6.77ヘクタールへの業務系ビル整備は10年後になる。その場所には現在、 ゴルフ練習場がある。今月7日に改装オープンし、打席数は以前の92から84に減った。2期工事の始まるゴルフ練習場は2014年ごろまで営業を続ける。

さいたま市内に出店するショッピングセンター

名称(仮称) 場所
核テナント オープン予定 店舗面積(平方メートル) 駐車場(台)
富士重工宮原ショッピングセンター (埼玉県さいたま市)
イトヨーカ堂・GMS 2004年4月1日 45,014 2,324
イオンさいたまショッピングセンター (埼玉県さいたま市)
ジャスコ・GMS 2004年10月1日 45,118 3,000
さいたま新都心カタクラショッピングモール (埼玉県さいたま市)
核テンナント・未定 2004年3月1日 20,023 194

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です