3市合併”さいたま市”誕生で変わること

市役所代表電話番号
三市合併で5月に誕生する「さいたま市」の市役所の代表電話番号が決まった。浦和と大宮が異なる案を主張し、調整が難航していたが、最終的に浦和市が二度目に提案した「048-829-1111」で決着した。合併後、当面は現浦和市役所の庁舎を本庁舎として使用するため、浦和が現浦和市役所の代表番号「825-1111」の継続使用を主張。 一方、大宮は合併を記念して下四けたが「2001」、または「さいたま」のごろ合わせの「3100」を提案していた。

ひらがな裁判所
「さいたま市」となるのに伴い、浦和地裁、浦和家裁、浦和簡裁がそれぞれ「さいたま地裁」「さいたま家裁」「さいたま簡裁」と名称変更することになる。各裁判所の新名称は、さいたま市が発足する5月1日から使用される予定。地裁は全国に五十あるが、名称が平仮名になるのは初めてとなる。

市役所職員給与
「さいたま市」移行に伴い職員の給与も等級間の昇給幅を小さくした新たな給料表を作成、五月から適用するほか、現在は三市とも10%としている調整手当の支給割合を10年かけて6%まで引き下げる。

区割り
政令指定都市への移行により現在の浦和と大宮が各4区、与野が1区の計9区で構成し、大宮と与野とで綱引きが続いていた「さいたま新都心」の帰属については、東西に線路で分かれる西側を与野市の区域に組み込むことで決着した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です